Hack phone, puppy linux, FreeBSD, memo

This is memo for me. hacking smart phone, puppy linux.
F-12Cとpuppy linux slacko 5.3.1をADBusb接続。
JUGEMテーマ:コンピュータ
参考文献 上記のサイトのとおりやってみたらpuppy linux slacko 5.3.1でも接続可能だった。

F-12c
  1. 設定>アプリケーション>開発>USBデバッグにチェック
  2. 設定>アプリケーション>「提供元不明のアプリ」にチェック
  3. 設定>表示>バックライト>消灯までの時間>30分を選択

Puppy linux slacko
  1. /etc/udev/rules.d/51-android.rules を作成して、以下を書き込む。
    ”04c5”はFujitsuのUSB vender IDらしい。
    SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="04c5", MODE="0666", GROUP="root"
  2. ~/.android/adb_usb.ini を作成し 0x04C5 とだけ記入。

  3. puppyとF-12cを接続すると。F-12cのステータスバーにメッセージが出る。 USB接続
    USBデバッグが接続されました。

    Andoird SDKをlinuxにインストールして行わなければ、adbシェルが使えない。

    Android SDKをSFSにして使う。rootを設定するだけならjreでできた。というかjreは以前にいれたのそのままだったから、実際にjreが働いていたのかどうかはわからない。
    参考文献

    Android SDKをダウンロードして/tmpに解凍。
    ディレクトリ構成を変更する。
    /tmp/Androidsdk_r18/opt/android-sdk-linux/tools
    /tmp/Androidsdk_r18/etc/profile.d/androidsdk.sh
    androidsdk.shは作る。中身は
    #!/bin/sh
    export PATH=${PATH}:/opt/android-sdk-linux/tools

    # cd /tmp/Androidsdk_r18
    # mksquashfs etc opt Android-SDK_r18-linux.sfs

    # mv Android-SDK_r18-linux.sfs /mnt/home

    Menu > system > Boot Managerで設定。
    再起動後、
    # set | grep PATH
    でPATHが追加されていればOK。

    参考文献

    # android &
    でAndroid SDK Managerが機動する。F-12CのAndroidは2.3.4。Gingerbreadらしい。
    Android SDK plathome-toolsとAndroid 2.3.3 (API10)を選択。SDK Plathomeがインストールされていればadbは使える様子。
    installボタンを押してAccept allを選んで続ける。
    # cd /opt/Android-sdk-linux/plathome-tools
    # ./adb shell
    * daemon not running. starting it now on port 5037 * * daemon started successfully *

    参考文献

    # ./adb shell
    $ cat /data/local.prop
    /data/local.prop: No such file or directory
    本当にない!
    $ cd /data/local
    $ mv motion_activemass02.db motion_activemass02.db.org
    $ ln -s /data/local.prop motion_activemass02.db
    F-12C
    設定>歩数計>歩数計利用チェックを入れて、登録。そして外して登録。
    $ cat /data/local.prop
    するとデータが入っている!
    $ mv motion_activemass02.db.org motion_activemass02.db
    $ echo ro.kernel.qemu=1 > /data/local.prop
    $ exit

    注意: wifiを切っておかないとrebootを繰り返す。

    # ./adb reboot
    F-12Cが再起動しおえたら
    # ./adb push su /data/local/
    464 KB/s (22228 bytes in 0.046s)
    # ./adb shell
    # mount -o rw,remount /system /system
    # cat /data/local/su > /system/xbin/su
    # chmod 06755 /system/xbin/su
    # mount -o ro,remount /system /system

    # rm /data/local.prop
    or
    # echo > /data/local.prop
    # cat /data/local.prop

    # exit
    # ./adb reboot

    Busybox, Titanium backup, Superuser, RootExplorerなど入れる。lsm_disabler.koいらなかったのは、rootedをやりやすくしているから?

    JDKをSFSでインストール
    JDK SEをoracleからダウンロード。/tmpに展開。
    ディレクトリ構成を直して、環境変数設定シェルをかく。
    /tmp/jdk/opt/jdk1.7.0_04
    /tmp/jdk/etc/profile.d/jdk.sh
    シンボリックリンクを張っておくとバージョン書くの楽になる。 # cd /tmp/jdk/opt
    # ln -s jdk jdk1.7.0_04
    # cd /tmp/opt/etc/profile.d/
    # vi jdk.sh
    中身。
    #!/bin/sh
    export JAVA_HOME=/opt/jdk
    export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
    export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/lib/tools.jar:$JAVA_HOME/lib/dt.jar
    ln -s /opt/jdk/jre/lib/i386/libnpjp2.so /usr/lib/mozilla/plugins/
    # cd /tmp/jdk
    # mksquashfs etc opt jdk1.7.0_04.sfs
    # mv jdk1.7.0_04.sfs /mnt/home/

    Menu > system > Boot Managerで設定。
    再起動後、
    # set | grep PATH
    # set | grep JAVA
    でPATHとJAVA_HOMEが追加されていればOK。

    Eclipse最新版のsfsがあった。
    Puppy Linux Discussion Forum:Eclipse SDK 3.7.2からダウンロード。
    Menu > system > Boot Managerで設定。
    再起動後、 # which eclipse
    でパスが表示されればok。
    android sdkをeclipseで使うにはここからの設定が必要。
    参考文献

    ダウンロード後、SFS on the flyでロードすると起動した。
    workspaceを設定したら、その後閉じた。
    起動コマンドは
    eclipse_sdk
    # eclipse_sdk &
    Help > Installing New Software
    push button "add....."
    fill in name and location
    Android sdk
    https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
    check Developper tools で、それらをインストール。
    window > Preferences > Android ( in left window )を選んでAndroid SDKへのパスを入力する。
| jptreefrog | F-12C | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
FreeBSDコマンドブック ビギナーズ
FreeBSDコマンドブック ビギナーズ (JUGEMレビュー »)
小野 斉大, 前田 雄一郎, 田谷 文彦, 細川 達己
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
SHARP ザウルス SL-C3100
SHARP ザウルス SL-C3100 (JUGEMレビュー »)

元々のdistribution以外のものを入れて楽しめる携帯PC。
760で随分遊びました。
+ RECOMMEND
改訂版 FreeBSD徹底入門
改訂版 FreeBSD徹底入門 (JUGEMレビュー »)
衛藤 敏寿, のだ まさひで, 細川 達己, 内川 喜章, 天川 修平, 三田 吉郎, ゆっぴぃ
あっわかりやすい!と言う印象。プリンタ設定は流行のcupsではありません。
+ RECOMMEND
FreeBSDビギナーズバイブル (MYCOM UNIX Books)
FreeBSDビギナーズバイブル (MYCOM UNIX Books) (JUGEMレビュー »)
後藤 大地
ググって探せるからといっても専門書は必要です。これみてやる方が速い!
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE